外線事業

架空送電線

十和田・北上幹線

電圧/500kV
電線/SBACSR540mm2(4導体)
区間/十和田幹線(青森県十和田市~三戸町、
亘長12.5㎞、鉄塔29基)
北上幹線(宮城県大崎市~加美町、
亘長15.6㎞、鉄塔37基)
2010年 竣工
十和田・北上幹線は、青森県下北半島の電源輸送と東北エリアにおける電力供給ネットワークの大動脈として建設されました。全亘長300㎞、鉄塔717基の全国屈指の規模を持つ大型基幹送電線で、当社は十和田幹線4工区、北上幹線10工区を施工しました。

東名古屋分岐線

電圧/275kV
電線/ACSR410mm2(複導体)
区間/1.8㎞区間の電線張替
2010年 竣工
名古屋地区の電力安定供給と設備更新のため電線張替工事を施工しました。

上越火力線

電圧/275kV
電線/TACSR/AC 410mm2(4導体)×2cct
区間/新潟県妙高市長沢~長野県飯山市~中野市永江
亘長14.4㎞、鉄塔28基
2010年 竣工
中部電力㈱上越火力発電所建設による送電線として建設されました。

第二浜岡幹線

電圧/500kV
電線/LNーTACSR/AC 1160mm2(3導体)×2cct
LN-OPGW260mm2×2
LN-AC260mm2×1
区間/静岡県小笠郡浜岡町~小笠町
亘長7.1㎞、鉄塔14基
2004年 竣工
中部電力㈱浜岡原子力発電所5号機建設による送電線として
建設されました。中部電力特有の3導体を使用しています。

西上武幹線

「西群馬開閉所」(群馬県吾妻[あがつま]郡中之条町)と「新所沢変電所」(埼玉県鶴ヶ島市)を結ぶ全長110.4kmの500kV送電線で、当社は平成18年から平成26年まで、渋川・箕郷1工区、箕郷西毛2工区、西群馬渋川3工区、西毛長瀞1工区を施工しました。

房総線

電圧/500kV
電線/ACSR/AC810m㎡ 
2015年 竣工
新京葉変電所から房総変電所間を結ぶ房総線は京葉区間の重要線路です。全国的にも大型鉄塔の建替実績が少ない中で、4導体の移線・仮工事などを行い無事竣工しました。

主要資機材リスト

品名 仕様 数量
ジブクレーン 36t-mクラス 7基
クライミングクレーン 36t-mクラス 5基
10t-mクラス 1基
延線車 φ1.5m 電動巻取 12台
φ1.2m 電動巻取 13台
φ1.0m 電動巻取 12台
架線ウインチ 油圧5t巻(クローラータイプ) 2台
油圧3t巻(クローラータイプ) 6台
油圧ドラム架台 油圧巻取型 15台
分解型 5台
OPGW用ドラム架台 油圧式 5台
リールワインダー エンジン式 26台
電動式 14台
緊線ウインチ 油圧3.0t巻(クローラータイプ) 6台
油圧2.5t巻(クローラータイプ) 43台
油圧2.0t巻(クローラータイプ) 32台
油圧圧縮機 100t・200t 37台
金車 φ800 ウレタン 21丁
φ600 ウレタン 420丁
φ600×3輪 ウレタン 50丁
φ450 ウレタン 70丁
φ300 ウレタン 78丁
φ800 OPGW用細溝 18丁
φ300 鉄板 44丁
吊金車 6面式 100丁
吊金車 上下2輪 1750丁
風車搬器 3型 270丁
金車 クローラ式 OPGW120 4台
クローラ式 OPGW300 20台
クローラ式 OPGW290 13台
緊線用 φ90×1車 547丁
緊線用 φ90×2車 314丁
緊線用 φ120×1車 170丁
緊線用 φ120×2車 110丁
プロテクター 1160sq用 16丁
810sq用 232丁
410sq用 14丁
鉄塔 足場用 H=50m 2基
鉄柱 足場用 L75 275節
キーロックロープ 各種 一式

機材の貸出をしております。

電車線設備

都市や人々を繋ぐ動脈でもある、交通事業。
新幹線、JR各社など都市のインフラを支える「鉄道電気設備」。
トンネル、橋梁などの「道路電気設備」。
長年の経験・実績に裏打ちされた技術力は高い評価をいただいております。

東海道新幹線

東京地区(大井車両基地含む)の電車線架線工事を開業以来施工しています。
(写真提供:JR東海)

首都高速道路

2010年 竣工
中央環状線(山手トンネル)の西新宿JCT~大橋JCT間の電気設備工事を施工しました。

つくばエクスプレス

2005年 竣工
南流山駅の電気設備工事を施工しました。
ページの先頭へ